日経225先物、日経225オプション取引について知り、上手に株取引を行いましょう。

2009年05月30日

日経225先物のレバレッジ効果と証拠金

日経225先物のレバレッジ効果って何?
 
日経225先物のレバレッジ効果とは、自分が持っている資金の何倍、何十倍の取引ができる効果のことをいいます。
テコの原理のように「レバレッジ=テコ」、自分の力の何倍もの力を生み出します。
つまり少しの資金で大きな金額の取引が行えるので、株式の信用取引と同じようなイメージなんです。
ただ株式の信用取引がせいぜい資金の3倍程度のレバレッジであるのに対し、日経225先物はなんと20倍以上のレバレッジ効果があります。
そのレバレッジ効果故に、ハイリスクハイリターンであるといえます。ただ、リスク管理さえしっかりと行えば少ない資金で最大の利益を生み出すことが可能です。


高いレバレッジ効果が日経225先物取引の魅力!リスク管理は大切。

それじゃ〜口座にはいくら程度入金していれば取引できるの?
 
日経225先物の最低取引金額は(取引価格×1,000)なので、現在の価格が16,000円だとすると、なんと1,600万円にも及びます。
だからと言って口座へ1,600万円の資金が必要かというとそうではありませんよ。
先ほど「少ない資金で大きな金額を取引する」等と述べたように、40〜70万円程度の「証拠金」を口座へ入金していれば取引可能なんです。

証拠金とは、日経225先物の取引をしていく上での担保となるお金のことですよ。
この証拠金の金額は証券会社ごとに違いますので、ご自分で確認してみるといいでしょう。
上の例でいくとレバレッジ効果は(1,600万÷70万=23)20倍超となりますね。


数十万円程度の証拠金で日経225先物の取引が可能
タグ:日経225先物
posted by 日経225先物ファン at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225先物レバレッジ効果と証拠金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。